新しい時代の価値観、生き方、美意識をテーマに、季刊誌『BIOCITY』をはじめ、環境・文化・アート関連の書籍刊行や情報発信を行う出版社です。

出版情報

  • HOME »
  • 出版情報

日本固有の防災遺産 立山砂防の防災システムを世界遺産に

世界遺産登録に向けて、日本固有の防災システムとして名高い立山砂防の優れた特徴を追究。温暖化による気象変動にさらされるいま、見直されるべき遺産を知る一冊。

BIOCITY ビオシティ64号 studio-L Edition コミュニティデザインの源流を訪ねて 

コミュニティデザインのプロ集団として活動するstudio-L の創立10 周年記念特集。思想と活動の源流となった人物ゆかりの地を訪ね、現代のイギリスでどのように受け継がれているかを報告。

とりとめもない話

女優、水谷八重子のエッセイ集。母である初代水谷八重子への愛と葛藤、演劇への情熱、なにげない日常が語られる。登場する演劇人は90名。「舞台裏」エピソードも満載!

BIOCITY ビオシティNo.63 WWF Edition 消えた熱帯林とプランテーション 持続可能な私たちの暮らしと企業の調達

東南アジアで急速に進む熱帯林の消滅と私たちの暮らしとの密接な関わりを検証し、企業の「責任ある原材料調達」と消費者の「倫理的消費」の重要性を考えます。

乳がんの人の日常レシピ  かんたん&からだがよろこぶ60品

乳がん患者の声から生まれた初めてのレシピ本。乳がんと食に関する最新の知識も満載。何をどう食べたらいいのか、日常に役立つレシピを紹介しています。

BIOCITY ビオシティNo.62 再生可能エネルギーを活かした地域創造へ:志×ビジネス

再生可能エネルギーの全国的な拡がりを受け、地元への貢献を目指す人々の志を、持続可能なビジネスへと結びつけるには何が必要かを、ファイナンスのプロや市民電力の成功例に学びます。

ピンクリボン咲いた! 認知率95% のひみつ

世界で130番目。後発国となった日本でピンクリボンはなぜ成功したのか? 早期啓発の重要性を広めるため4人の医師が立ち上がり、多くの仲間を得て、95%の認知率になるまでのストーリーと成功の鍵を説いた指南書。

写真集 芦屋桜

町を見守る年老いた桜。震災の冬を節目に、人々がそれぞれの歩みを刻んだ20年の年月。毎年みごとに咲き誇る芦屋の桜に、勇気をもらった写真家の感謝の記録。

BIOCITY ビオシティNo.61 防災・減災のためのエコロジカルデザイン

大規模な自然災害があいつぐなか、いま世界的に注目が集まる「自然や生態系を活かした新しい防災観・減災観」を取り上げます。

あなたに見せたい美しいもの

病を抱えて生きる画家ようこさんと、女優の竹下景子さんが、一緒に大人の絵本をつくりました。見ているだけで心温まる不思議な絵の本。あなたの心に「美しいもの」をお届けします。

甦る鉱山都市の記憶 佐渡金山を世界遺産に

2010年に暫定リストに登録、2019年の世界遺産登録をめざす 「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」400年の歴史をまとめた佐渡満載の一冊。

BIOCITYビオシティNo.60 生命福祉コミュニティ宣言!:福祉の見えるまちづくり

福祉を軸とした町づくりの現場を、福祉大国デンマークやスウェーデン、ドイツ、ブラジルなどの事例とともに紹介。きたる高齢化社会を、自立共生で生き抜くコミュニティ・デザインを考える。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.