糸長浩司

Last-modified: 2016-10-16 (日) 10:25:32 (708d)

糸長浩司(イトナガ・コウジ)

日本大学生物資源科学部教授。環境と共生するあり方について研究し、飯舘村の支援活動などを行う。NPO法人エコロジー・アーキスケープ代表理事。1995年に日本のパーマカルチャー運動を始め、アグロフォレストリー「食べられる森」、エコビレッジの実践的研究を進める。福島の再生農業として、バイオエネルギー生産農業システムを模索し、ブラジルの研究を進めている。

カテゴリ:環境デザイン 再生エネルギー 生物多様性

 

TOPページにもどる